昨年度、キャンパスに集えない中で、オンラインという新たな形で大盛況に終わった第17回AIU祭。
その魂を受け継ぎ、第18回AIU祭は、オンライン形式と学内生向けの対面企画を融合したパラレル形式で開催されます。
AIUにとって新たな時代の幕開けとなる今年のテーマは”Cr18vity”。
AIU生の創造性、とくとご覧あれ。

Cr18vity ~There is no limitation~

「来年は、新型コロナウイルスの流行は収まっているかも」
何人のAIU生がそう思ったことだろうか。AIUの大きな特徴のひとつは、学術的空間と居住空間が一体となることで生まれる「密な」コミュニティだ。
昨年4月、新型肺炎の流行によってキャンパスは閉鎖され、その特殊で貴重な環境は失われた。本当にキャンパスに戻れるのか。あのコミュニティは蘇るのか。一歩先も見えない暗闇の中を小さな希望で照らしながら、ひたすらに時を過ごす他に方法などなかった。
今年1月、キャンパスの閉鎖は解かれ、2020年に入学した1年生がAIUでの生活をスタートさせた。キャンパスには人の声が戻った。それでも、環境の特殊さゆえ、夢見たキャンパスライフと引き換えにAIUはかなりのリスクを抱えた。その大きなリスクをマネジメントするため、そして学生の命を守るための細かく厳しい規定と、繰り返される規制。AIUに入学した意味を見失い、キャンパスを去る仲間達。
オンラインの企画に学内生向けの対面での企画を加えた、パラレル形式での初開催となる今回の第18回AIU祭も、感染防止のための弊学の定める規定に則って開催される。現地開催が部分的に可能であるとはいえ、人数制限やソーシャルディスタンス等、感染対策にかなりエネルギーを割いたものになる。
そもそも、人と人の触れ合いが大きな特色であるこの大学で、触れ合いのない学祭を行うことに意味はあるのだろうか。

それでも。

オンラインだからこそ、できることがある。オンラインだからこそ、届けられる人がいる。世界中に散らばる留学生、元留学生、卒業生にも、オンラインなら届けられる。秋田に来ることができない受験生の皆さんにも、AIUの魅力を伝えられる。本当なら絶対に会えないような人にも、オンラインなら出会うことができる。去年の完全オンライン形式を経験して、オンラインの持てる力の大きさを肌で感じた。
だったらきっと、オンラインと現地開催をかけ合わせたら、最高の学祭になる。それはオンラインとオフライン、どちらの良さも知っている私たちだからできること。
AIUはまだ黎明期にある。私たちはひとつの大学の歴史のはじまりにいて、その根幹を創っている。先人の遺してくれた創造性の灯を、ここで絶やすわけにはいかない。

今こそ。AIU生の”Cr18vity”を、爆発させる時だ。

jaJapanese